日本代表挨拶

働き方改革が叫ばれる昨今、リモートワーク、シェアオフィス等の急速な浸透は目を見張るものがありオフィスへの出社の可否までが問われるようになってまいりました。しかしながらそれに反して郵便業務、例えば封書の作成、宛名のラベル貼り、郵便物の開封作業等の業務は在宅では難しくその上相変わらず、大量の時間と人員を必要としております。

一方、個々の生活においては在宅によるインターネット通販の急激な増加による宅配の増加が物流業界において深刻な問題になりつつあります。

クアディエントは100年もの間世界中の郵便業務の作業効率を劇的に改善し、お客様の生産性の向上とコスト削減に貢献して参りました。物流の分野においては宅配ロッカーを中心とした業務の効率化を実現できる最適化ソリューションを提供しております。そしてこれからもデジタル化が困難なこの分野において革新的なソリューションを提供し続けて参ります。

今後とも益々のご支援とご愛好を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 妻鹿 行雄

経営理念

郵便(メール及び小包)は過去、現在そして未来に渡って、官庁・企業間のコミュニケーション及びお客様とのコミュニケーションを図る中心的なものであります。クアデイエント(旧ネオポスト)は官公庁・民間企業・団体の皆様が郵便に関する業務を効率的に行えるよう以下の点で最善の努力をするものであります。

1.顧客中心主義

お客様の信頼を旨とし、郵便業務に関するお客様の生産性・付加価値向上に全力を持ってお応えする。

2.技術革新
お客様のニーズにお応えするため、新製品・新分野の技術革新に積極的に取組む。

3.法令遵守
法令やルールを厳格に遵守し、お客様および社会からの信頼・信用を得る。

4.企業価値の向上
企業価値の向上を目指すことによって、継続的な事業を担保する。

5.社員の専門性の向上
お客様の様々なニーズに的確にお応えするため、関連する機器類について社員の専門性・能力を高める。