March 7th, 2017

郵便料金変更に伴う 『郵便料金計器データ変更』 のご案内

2017年6月1日より、日本郵便株式会社が郵便料金改定を実施することになりました。

【主な変更内容】

1.郵便定形外の改定  2.ゆうメールの料金改定

3.はがきの料金改定

詳細は下記日本郵便株式会社のホームページでご確認ください。

http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2016/00_honsha/1222_01.html

 

この改定に伴い、現在ご使用中の「郵便料金計器・郵便管理システム・郵便電子スケール」が新料金体系に対応するには、

  郵便料金計器    ・・・ 郵便料金計器内のデータ変更

  郵便管理システム ・・・ 郵便管理システムのデータベース変更

  郵便電子スケール ・・・ 郵便電子スケールレイトロム(機械内部の部品)の交換

が必要となります。

 

【対象のお客様】

 下記の機種をご利用のお客様で、かつ、今回料金改定となる郵便物を取り扱いのお客様

 今回の料金改定の対象となる郵便物の取り扱いがないお客様は、変更(交換)の必要はございません。

  ご不要のお客様は料金データを変更(交換)されなくても、これまで通りご利用いただけます。

 

【対象機種】

 ①郵便料金計器ISシリーズ/郵便料金計器集計システムMAS

 ②後納郵便管理システムPPM/郵便管理システムIJ-PAM

 ③郵便電子スケールWPシリーズ(48キー型のみ)

 ※郵便電子スケールWPシリーズ24キー型は対象外となります。

 

【ご案内・お申込書】

 対象の機種をご使用のお客様へ、ご案内・お申込書を郵便でお送りしています。(3/7発送)

 お手元の書面をご確認の上、ご希望のお客様は専用のお申込書でお申し込みください。(申込期日:4月7日)

 ※当社以外の販売店から機器をご購入のお客様は、販売店へお問い合わせください。

 

【料金レイトロム変更のQ&A】~お問い合わせの前にご確認ください~

 ご使用のスケール機種の確認方法や、その他お問い合わせの多いご質問をまとめています。

 下記PDF内容をご確認ください。

 料金レイトロム変更のQ&A(ISシリーズ)

 料金レイトロム変更のQ&A(MAS)

 料金レイトロム変更のQ&A(PAM/PPM)

 料金レイトロム変更のQ&A(WPシリーズ)